今月のマンスリーカクテル

クリスマスラリー

(ジンベース)

1,320円

岸田政権が掲げる「新しい資本主義」政策の一環として掲げられた計画。2022年11月28日に正式決定。岸田首相が総裁選時に掲げていたのは「令和版所得倍増計画」だが、最終的に打ち出したのは「資産所得倍増計画」。NISAの恒久化や非課税期間の無期限化、 iDeCo制度の改革、金融経済教育の充実、国際金融センターの実現などからなる。目標として投資経験者の倍増を目指しているが、そうなるとストックピッカーズの来店者も倍増⁉

投稿者 @hirosuno 様

資産所得倍増計画

(テキーラベース) 

1,320円

クリスマスラリーとは、アメリカ市場において「クリスマス(12月)から新年の1月にかけて株価が上昇しやすい」というアノマリーのこと。過去のデータ分析でも、株価が上昇する頻度は12月が最も高いという結果が示されている。12月は節税対策による処分売りが出るが、クリスマスが近づくにつれて徐々に売り圧力が減少し、1月にかけては買い戻しで上昇しやすくなる。また、12月から1月は政治的リスクも比較的少ないことから、買いやすい相場環境とも言われる。

電話をかける